■ロシアの地底12キロで「地獄」で苦しむ人間達の声が聞こえる!?

0

    径6370キロもある地球の内部を実際に見ることは不可能である。

     

    人類が今までに堀った最も深い孔(穴)は、旧ソビエト時代によるコラ半島での「学術ボーリング孔(掘削坑)」だが、それでも深さ13キロが限界のようだ。

     

    1970年524日、地球の地下を徹底調査しようと、コラ半島のザポリャルニで掘削を開始した研究チームは、1989年に12262mに達し世界記録を達成した。

     

    当初の計画では深度15000mだったが、予想以上の高熱(地温)に遭遇した。その温度は摂氏180で、1992年にこれ以上のボーリングは不可能として断念した。バルト大陸地殻の1/3にしか達しなかったのである。

    現在、掘削坑はまだに荒野に立っているが、分厚い金属の蓋で塞がれている。

     

    実は、旧ソビエトの掘削チームは「地獄」に行き当たったといわれている。そのことについて、アザコフ博士はインタビューの中でこのように語った。

    「地下14400メートルに差し掛かった時、ドリルが急に回転し始めた。これはそこが空洞か、洞窟がある事を示していた。

    温度センサーは摂氏2000度近くまで上昇していた。我々はマイクを下ろし、岩盤の動きを調査する計画を立てた。

    しかし、岩盤の動きの代わりに、我々は叫び声をあげる人間の声が聞こえたんだ。

    最初、その音は自分達の装備・設備から起こっていると思ってそれらを調整した。

    しかしそれは我々が最も恐れていたことを確定させてしまった。

    叫び声は一人の人間のものではなく、何百人もの人間の悲鳴だった」

     

    この地獄の声は「シベリアン・ヘルサウンド 」と呼ばれ、公式発表の掘削の深さは12・262mだが、どうやら14・000mまで掘り進め、そこで奇妙な声を聞いたことになる。

    さらにアザコフ博士は言う。

    「私は天国や聖書を信じない。しかし、科学者として地獄の存在は信じる。

    今回の発見をして我々は非常に驚いている。

    そこで何が起きたのか、何が起きたのかわかっている。

    我々はドリルで地獄の扉に穴を開けたと確信している。」

     

    果たして、これは事実なのだろうか?

     だとすれば、地球内部の空間と、地球の最下層がプラズマの帯でつながっていることになる。

    ロシアは、この事実に恐れをなし、プロジェクトを永久に封印してしまったという。

     

    この続きは、6月17日(土曜日)「ASKAハイパー・プレミアム3」のコーナーで触れたいと思います。

     

     

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     

     

    早割予約〆6月12日(月曜日)いっぱいまで!! 

    <第3回>『ASKAハイパー・プレミアム3』

    ☆日時:2017年6月17日(土曜日)

     

    >匿声辧彈荳爐療針と裏事情

    ∨榲は怖い「妖精」の地獄

    「第三次世界大戦」勃発のカウントダウン

    ぜ禅娠答

     

    ●入場料:

     

    早割:8,000

    普通予約・当日券:1万円

     

    ●入場チケットの購入方法:

    1:EventRegist---クレジットカード専用です。 

    https://eventregist.com/e/ahp3201706/ticket

     

    2:郵貯---郵貯専用

     郵貯→郵貯 10600  41263151 

               サトウアキノブ

    銀行→郵貯      068  4126315

               サトウアキノブ

    ●プログラム 

     

    330 受付開始

    1400 第1部(1時間半)

    オカルト現地取材報告:第3

    『「籠神社」取材の顛末と裏事情』

    15151530 休憩

    1530 第2部(1時間半)

    オカルト・スペシャルセミナー:第3回

    『当は怖い「妖精」の地獄』

     

    16451745 大休憩

     

    1745 第3部(1時間半)

    世界終焉カウントダウン:第3回

    『「第三次世界大戦」勃発へのカウントダウン!!

     

    19001915 休憩

    19152000 <質疑応答編>

    【自由解散】

    20002100 物販&サイン会

     

    ●会場:

    KFCホール両国」:11113号室

    1300015 東京都墨田区横網一丁目61

    TEL03-5610-5801 FAX03-5610-5891

    http://www.tokyo-kfc.co.jp/access/ 

    ■地下鉄

    都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口より徒歩0分。

    JR中央・総武線「両国駅」東口より徒歩約6分。

    東口改札を出て左へ向かい、線路沿いを進み、突き当たり大通りを左折し、ガードをくぐり、約200m先の「第一ホテル両国」に隣接する「国際ファッションセンタービル」内に会場あり。

    JR中央・総武線「両国駅」西口より徒歩約7分。

    両国中学校と江戸東京博物館の間のレンガ道を進み大通りを左折し、「第一ホテル両国」に隣接する「国際ファッションセンタービル」内に会場あり。

    講演会に対するお問い合わせは event@akio-aska.com まで。

    当日の連絡先:askado_ibento_toujitu@yahoo.co.jp

    ※早割でない普通予約・当日券(1万円)をご購入の方の内、以下の方のみ、代金の一部を受付で返金します。

     

    「飛鳥塾修了証」提示者は10%還元。

    顔写真付き「学生証 (現役学生)」 提示者は20%還元。

    20歳未満の「運転免許証」「パスポート」提示者は20%還元

    なおこれらは併用できません。

     

    ●ポイントカード制:

    ASKAハイパー・プレミアム3に10回参加で、次回1回分が無料になります。

    ●料金キープ・システム:

    ※「ハイパー・プレミアム3」だけで、「プラ散歩ぃ」には適応していません。

       

    ※チケットを購入された代金は払い戻しはできませんが、次回に参加される場合でも安心の「料金キープ・システム」を導入!これで欠席した回の予約金を、次回以降に繰り越せるようになります!

    ※2か月毎に同じ所を使う「飛鳥堂」独自のシステムで、予約後に参加できなくても、その料金は次回、それ以降にも持ち越せ、安心した早割予約が可能になりました!!



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM