◆北緯37度線の謎!!

0

    FOといえば、1947年7月にアメリカで起きた「ロズウェル事件」が有名だが、問題の機体とエイリアンの遺体は、最終的にネバダ州にあるアメリカ空軍の(当時)極秘施設「エリア51」に運ばれたとされている。


    最近、アメリカで話題になっているのが、北緯37度(±)の帯状に「エドワーズ空軍基地(北緯34度)」「ホワイトマン空軍基地(北緯38度)」「スコット空軍基地(北緯38度)」「ライトパターソン空軍基地(北緯39度)」等の、アメリカの主要空軍基地が並んでいることで、「エリア51」はピッタリ北緯37度線に存在する。その中にあるのが「ネリス(ナリス)空軍基地」で、ラスベガス空港軍事エリアからグルームレイクまでの往復飛行便が出ている。


    UFO現象の多くはこの北緯37度線上に集中するというが、空軍基地を含む多くは37度(±)の帯状空域である。


    あまり日本では知られていないが、アメリカには北緯37度線上に十字型に4つの州が並ぶゾーンがあり「フォー・コーナーズ」と呼ばれている。フォー・コーナーズの北西側がユタ州、北東側がコロラド州、南東側がニューメキシコ州、南西側がアリゾナ州で、経度線州境は完全な“北緯37度0分0秒”になっている。


    奇妙なのは太平洋を越えた先にある日本である。日本の北緯37度線上を調べてみると、ある驚くべき事実に直面する。福島県双葉郡大熊町夫沢中央台に存在する「福島第一原発」が、ちょうど北緯37度線上に存在するのだ。


    2011年3月11日、三陸沖を震源とする「東北地方太平洋沖地震」による大地震と大津波により、電源が落ちたところへ膨大な量の海水が入り、結果として炉心溶融(メルトダウン)を起こして水素爆発と核爆発を起こして崩壊した。


    数度の爆発で飛散した放射性物質は、風向と地形に沿って校の「ホットスポット(強い汚染地帯)」を形成した。茨城県、千葉県、東京都を直撃し、横須賀に係留中だったアメリカ第7艦隊の原子力空母「ジョージ・ワシントン」が修理中にもかかわらず出航した。


    あまりにも強過ぎる放射性物質を原子力専門部隊が観測したからだ。原子力空母は強い放射能に汚染されると、外国に寄港できなくなる。だから放射能汚染は最も防がねばならない。


    3・11は「国際原子力事象評価尺度/INES」で、最悪の“レベル7(深刻な事故)”に分類され、「チェルノブイリ事故」と同レベルだが、日本人のほとんどは「収束宣言」を「終息宣言」と脳内変換し、既に終わったと信じ込んでいる。


    その福島第一原発から北緯37度線をさらに西に伸ばすと石川県羽咋市がある。羽咋にあるのが「コスモアイル羽咋/NASA特別協力施設」で、そこにあるのが巨大な「宇宙科学博物館」、別名を「UFO博物館」「UFOパビリオン」という!!


    そこに行くと、宇宙人(グレイタイプ)のサンダー君が館内を案内してくれる…果たしてこれは偶然なのだろうか?■

    ufo

     

     

     


    1

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM